ゆめさく日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウォルドルフ人形作り

<<   作成日時 : 2011/04/04 14:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前回の「てくてく人形」から、しばらくの間お休みしていた人形作りでしたが、お客様からご要望があり、いつもお世話になっている 『スウェ―デンひつじの詩舎』講師の山中先生に ウォルドルフ人形作りを 教えていただきました(^v^)


2週間前にはB体(30p)&A体(20p)のウォルドルフ人形を 日曜日にはC体(40p)のウォルドルフ人形&ヨハンナを 作りました。
2日ともに 一日で人形を仕上げる・・・という大変な作業だったこと そして場所の関係もあり、皆様にブログでお伝えできず、申し訳ありませんでしたm(__)m
(ウォルドルフ人形は、初心者の方でしたら 通常3時間×3日がかりで仕上げます。)

ぜひ人形作りを習いたい!!というお客様がおられましたら、ゆめさくに連絡いただければと思います。
先生のご都合を聞いて、日程を決めてさせて頂きたいと思っています。


今回来て下さった方は、今年 中学校1年生になる女の子と お母さん。
2人の共同作業で、朝10時〜夕方5時頃までみっちりと。(午後2時頃からは一人で!)
C体のウォルドルフ人形作りを とても楽しみにしてくださっていたこともあり、最後まで集中して、頑張って取り組まれていました。

人形作りが初めてとは思えないくらい、縫い方や顔(目と口)のバランスがとっても上手で びっくりしました〜(*^_^*)
しかも 人形用の長い針と糸なので、大人の私でも扱い辛いのですが^_^; ケガもなく、無事に仕上がり、本当に良かったと思います。
お疲れ様でした☆

画像

人形の服作りも また楽しみですね!!

私の方は、「おくるみ人形”ヨハンナ”」という人形を 習いました。
ヨハンナは、赤ちゃんや幼児の手にぴったりの大きさで、ヴェロアの触り心地も気持ちが良く、思わず頬ずりしたくなるような人形です。
一体の出来上がりまで、4時間くらいかかりました。
(写真に写っているピンクの人形が時間内に出来たもので、ミント色の人形は途中まで作り、あとは家で仕上げました。)
画像

ピンク色の人形より、ミント色の人形は、中に詰まった羊毛が 4グラムほど少ないだけなのですが、大きさがぜんぜん違いますね。
顔の表情も 羊毛の巻き方や糸の縛り具合、目と口のつける位置で、随分と変わってきます。
一人ひとり違うけれど、人と同じで 「みんな違って みんないい」ですね!!
自分で作ると どの人形も愛着が湧いて、見ているだけで幸せな気分になります(^^)v


そうそう、東北地方太平洋沖地震の被災地支援のため、ひつじの詩舎講師(ぱたぽん)の先生方が、この”ヨハンナ”を 子ども達に贈ることに決まったそうです。

大人でも人形作りをしながら癒されていますから、被災された子ども達、そして、大人達の不安な心を癒してくれる存在になるはず☆
一つ一つ手作りの心のこもった人形を 受け取った子どもたちの笑顔が 目に浮かぶようです(*^_^*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウォルドルフ人形作り ゆめさく日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる