ゆめさく日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 積み木ワークショップ 〜真庭市サポートあいさんにて〜

<<   作成日時 : 2010/01/31 08:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日30日は、真庭市落合の「NPO法人子育て支援の会サポートあい」さんの主催で、
積み木ワークショップ「たくさんの積み木で遊ぼう」のイベントがありました。

このイベントは平成21年度の岡山いきいき子育て応援事業で行われ、
午前・午後の2回のワークショップを行いました。

画像

午前中は0〜3才の親子を対象に、積み木遊びを楽しんでもらいました。

画像

3,4才になると、けっこういろんなものを作りますが、
0〜2才の間は、積み木に興味を持つ子もいれば、積み木以外のものや他の子の作ったものが気になる子もいます。

正直、積み木遊びは経験の中で、いろいろな発見をしていくので、
興味を持つまでに時間がかかる場合もあります。
でも、時間がかかった子に限ってある時、ものすごいものを作ったりもします。
要は、経験値です。

水が100度を超えると水蒸気に変化するように、
子どももある時、質的な変化が起こります。
グラフに例えると、子どもの成長というのは、まっすぐ斜め上に成長していくのではなく、
階段状に成長していきます。
その変が、子育てに不安を持つ点でもあり、逆におもしろかったりする点でもありますね。


画像

でもこういう場の良いところは、0〜2才の親御さんが、3,4才の子どもの遊ぶ様子を見れるということです。
「ああ、おおきくなったら、こんな風にも遊べるんだな」
と見通しが持てること、これが良いですね。

0〜3才の積み木ワークショップというのは、年齢幅、興味の幅がとても広いので、
難しいところもあるのですが、「見通しが持てる」という異年齢ならではの良さがあるので、
今後も大事にしていきたいと思います。


画像

午後は4才から小学生(低学年)の親子を対象に
円筒ドーム&積み木の街作りをしました。

はじめにドーム作りの説明をしながらふと頭をよぎったのは
「なんかすごい久しぶりな気が…」「この前したのはいつだったかな」
ということ。

調べてみると前回したのが去年の9月30日でした。ちょうど4ヵ月ぶりでしたね。
ワークショップの定番になっている「円筒ドーム作り」ですが、
今まで4ヵ月も間があくことはなかったので、久しぶりのドーム作りに気分もわくわくしてきました。

画像

無事に完成〜☆きれいなドームができました。
そして〜

画像

崩壊〜!
作ったものが一瞬にして崩れる、
これは爽快です!
見事にきれいになくなりました。

その後は、崩れた積み木を使って街づくり。

画像

小学生となると大人もびっくりするようなものが作れますね。
「東京タワー」だそうです。
僕には作れません。
発想、構成、ラインの美しさ、見事です。
この子は積み木遊びを日常的にしているようです、
経験を多くつんでいる子だからこそ作れるんでしょうね。

画像

素敵な積み木の街ができました。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。


今回はワークショップ企画とともに
サポートあいさんと共同で
「良いおもちゃの展示・体験コーナー」を設けました。

画像

0才から6才、小学生向けの代表的なおもちゃを展示し、自由に触って遊べるコーナーです。
これも「発達に見通しがもてる」点でも、良かったですね。


今回のイベントは
前日準備、当日も丸一日の大きなイベントになりました。

ケガもなく、無事にすんで良かったです。
たくさんの方の笑顔見られたのが何よりうれしかったですね。


サポートあいのスタッフの皆さまには準備段階から当日のワークショップまで大変お世話になりました。
ありがとうございました。

また片づけを積極的にお手伝いしてくださった参加者の皆さま、ありがとうございました。


このワークショップを機に、サポートあいさんでも日常的に積み木遊びができるように環境を整えられるそうなので、
落合周辺にお住まいの方で、家に積み木がない方も、ぜひサポートあいさんで積み木で遊ばせてもらってください。


ゆめさくおじさん


P.S.
午後から地元のゲーブルテレビの取材がありましたので、
おそらく真庭地区のケーブルテレビでは、一週間近く放送されると思います。
それも楽しみにしていてくださいね☆




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
積み木ワークショップ 〜真庭市サポートあいさんにて〜 ゆめさく日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる