ゆめさく日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 紋切り遊び

<<   作成日時 : 2008/08/17 02:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
紋切り遊びって何?
紋って家紋のこと?

聞きなれない言葉だし、
どんなものかわからないけど、
とりあえずしてみよう・・・という思いで
春の紋切り型「花之巻」に挑戦(*^_^*)

・・・し始めると結構ハマリました!

〜紋切り遊びとは〜

江戸時代に始められた歴史のある遊びです。
紙を折り重ね、型どおりに切り抜くだけ。
静かに開くと思いがけず、美しい紋が現れます。

江戸時代には、寺子屋でも教えられ、
明治時代以降も昭和の初期まで図画の教材として
使われていたようです。
しかし、紋そのものが日々の暮らしから縁遠くなっていくにつれ、
紋切遊びも次第に影が薄くなってきました。
その紋切遊びを再発見したのが、
造形作家の『下中 菜穂』さん。
「私たちの祖先が普段の暮らしの中で楽しんできた『遊び心』を
見直して、自分の手でものを生み出す楽しみを味わえれば・・・。」
という思いで、手軽な遊びにアレンジされ、広まりました。

雪の結晶とか、七夕飾りで、みなさん一度は作ったことがあると思います☆
保育園で働いていたころ、毎年のように子どもたちと一緒に
作っていたのを思い出します。
懐かしいな〜と思いながら 楽しみました!

簡単な型から細かくて難しい型まで、セットの中に入っているので、
子ども(ハサミがうまく扱えるようになる頃)から
大人まで世代を超えて、楽しめると思いますよo(^-^)o
ハサミを使いますので、小さなお子さんとされるときには、
くれぐれもお気をつけくださいね!

セットの中には、すぐに作れるように、型のコピーも入っています。
切った後、紙を開く時のワクワク感動がたまりません☆
折り紙よりも和紙が柔らかいので ハサミで切りやすいですし、
型に合う色の和紙が、100枚も入っているのでオススメです♪

出来上がったものを飾るもよし、プレゼント用の紙袋に貼るもよし!
アイデア次第で色々な使い方が出来ると思います。

夏は「風之巻」がオススメ☆
他にも、季節ごとに楽しめる「月之巻」「雪之巻」、
おしゃれなセンスの「昭和モダン」、ミニサイズの「豆紋」、
日本の『めでたいかたち』がたくさん詰まった「めでたづくし」・・・
など、いろいろ揃えております。
プレゼントにもいいですね(^v^)

先日、NHKのおしゃれ工房でも紹介された紋切り型☆
購入を希望されるお客さまは、在庫に限りがありますので
お早めにお買い求めください(^O^)/

ちなみに、下の写真は、「花之巻」から
いくつか(全部で24種類の型紙が入っていました)私が作ってみたものです。
不器用な私でも結構きれい(!?)に作れたので、
大満足でしたよ♪

yume



画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紋切り遊び ゆめさく日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる